補強システム MADOCA

測位技術の基礎知識

補強システムMADOCA(MSJ対応済)

MADOCAとは、Multi-GNSS Advanced Demonstration tool for Orbit and Clock Analysisの略称で、JAXAが開発を進めてきた精密衛星軌道・クロック推定を行うソフトウェアであり、高精度測位に必要な補正情報を数cmの精度で生成します。
これにより、海外や海洋を含めたグローバルな環境での高精度測位の利用が期待できます。

MADOCAの補正データは、基本的に衛星側の補正情報のみです。そのため、ユーザ側の受信機のソフトウェアは、水平10cm以内の精度を達成するために、さまざまな誤差要因を考慮し、計算することが必要になります。

MADOCAシステム構成

MADOCAシステム構成

MADOCA(L6E信号)の特徴

ID L6E
概要 測位衛星の精密軌道・クロック推定結果に基づいて補正情報を生成してみちびきへアップロード
サービスエリア みちびき(2~4号機)受信可能な全エリア
アンビギュイティ
整数値解決
ローカル補正データを投入することで可能
収束時間 数十分単位