レシーバーボックス

組込製品/評価キット

レシーバーボックス(LN1R)

複数の衛星システムをサポートする
RTK GNSS受信機。
高精度な位置情報を安定して取得し、
センチメートル級の高精度測位を実現。

※本商品は現在開発中です。発売時に仕様やデザインが変更になることがあります。

製品の特徴

RTK測位対応

RTK測位は、既知点(Base Station)からの補正観測情報を無線や携帯電話などを利用して移動局(Rover)に送信し、移動局の位置をリアルタイムに測定する方法です。
カーナビゲーションや携帯電話のGPSに使用されているC/Aコードを用いた測位とは異なり、衛星からの搬送波位相と既知点から送信された補正情報を利用することで、より高精度な測位が可能となります。

レシーバーボックス

複数の衛星システムをサポート

GPSのみならず、複数の衛星システムをサポートできるため可視衛星数が多く、安定した測位が可能となります。
センチメートルオーダーの高精度測位が可能なため、測量用途のみならず、地殻変動調査への利用、また今後は、農業機械や建設機械の自動運転の分野など、適用が大きく広がりつつあります。

  • GPSとGLONASSの複数衛星システムに対応
  • 軽量で堅牢な地殻調査対応受信機
  • RTKの基準局・移動局として使用可能
  • ネットワークRTKに対応
  • 高感度/低信号レベルトラッキング
  • 高速なアクイジション
同梱品
  • シリアルケーブル及びUSBケーブル

レシーバーボックス

仕様

GNSS特性

対応衛星 GPS:L1,GLONASS:L1

測位精度

単独 3m
SBAS 1m
ディファレンシャル 40cm
動的RTK ±5cm+1ppm×baseline(<5km)RMS
静的RTK ±0.5cm+1ppm×baseline(<5km)RMS

物理・動作環境仕様

使用温度 -20°C to 60°C
保存温度 -40°C to 85°C
湿度 90%non-condensing
認証 CE/FCC
防塵・防水 IP67

通信仕様

コネクタ 2×COM(USB、UART、CAN、Ethernet)
Bluetooth Bluetooth 2.0+EDR ClassII
内蔵無線 330…420MHz/403…473MHz
測位データ出力レート 1Hz、5Hz、10Hz*
データフォーマット NMEA0183Version3.0(output)
RTCM SC104Version3.1(input/output)
メモリー Removable SD Card
LED表示 電源/GNSSステータス、RTK、データ送信、
Bluetooth、SDカード、バッテリーステータス、
モード(RTK/Rover)

電源

入力電源 12VDC、18W、1.5A

※その他にもご要望があれば、お問い合わせください。