補強システムCLAS

測位技術の基礎知識

補強システム CLAS(MSJ対応済)

CLAS(Centimeter Level Augmentation Service)は、QZSSを利用してセンチメータ級の位置精度を得るための測位補強情報を送信するサービスです。CLASの補強対象となる測位衛星は、GPSと「みちびき」だけでなく、Galileoも含まれています。ただし、送信できる容量に限界がありますので、すべての測位衛星をフル利用できるわけではありません。

補強信号は、準天頂軌道と静止衛星の両方からL6信号で送信されます。そのため、受信機には、L6信号をデコードする機能と、航法演算を行う機能が必要となります。

センチメータ級測位補強サービス(CLAS)概要

測位技術基礎知識⑥CLAS

CLAS(L6D信号)の特徴

ID L6D
概要 電子基準点のデータを元に、補正情報を生成。地上局からみちびきへアップロード
サービスエリア 日本国内
アンビギュイティ整数値解決 衛星からの配信データで可能
収束時間 分単位